読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街探検おもしろい

人生半ば。大阪の街を探検しています。このブログで大阪の街の魅力を綴っていきたいと思います。

大阪八百八橋

おはようございます。

今日の大阪の天気。。。曇り。。

最高気温昨日の20度から一挙に下がり12度。。寒い。。

今年も11月20日から

「大阪・光の饗宴2016」御堂筋イルミネーションがはじまりました。

綺麗ですよ。一度行ってみてください。

今日からは、

水の都・大阪。。。シンボル「大阪八百八橋」を紹介します。
江戸時代、大阪は、

「江戸の八百八町」「京都の八百八寺」と並んで、

「浪華の八百八橋」と呼ばれていました。

これらの言葉は、本当に808ヶ所の寺や橋があるではなく、

それほどの勢いで寺や橋が立ち並んでいたことの比喩的表現です。

当然、大阪と江戸との橋の数を比べれば、大阪の方が多いはずですが、

実際の数は江戸の約350橋に対して、

大阪には約200橋ほどしか架けられてなかったようです。

なぜ大阪が八百八橋の町と呼ばれていたか。。。

その答えは、誰が橋を架けたのかにあるようで、

江戸の橋は、約350ある橋の半分が公儀橋と呼ばれる幕府が架けた橋でした。

一方の大阪では、公儀橋は「天神橋」「高麗橋」などのわずかに12橋。

残りの橋は、全て町人が生活や商売のために架けた「町橋」でした。

町橋に対する幕府からの援助はなく、町人たちは自腹を切って橋を架けました。
自腹を切ってでも橋を架けた町人たちのこの勢いが。。。。

「浪華の八百八橋」と呼ばれる所以だそうです。

明日からは大阪の橋を紹介します。お楽しみに。。。

写真はライトアップされた天神橋です。

f:id:shoneny5:20161121070117j:imagef:id:shoneny5:20161123063010g:image