読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街探検おもしろい

人生半ば。大阪の街を探検しています。このブログで大阪の街の魅力を綴っていきたいと思います。

万博公園の何故かヨットが???

おはようございます。
平成29年3月19日日曜日。
今日の大阪の天気は晴れ。。快晴です。
最高気温。。。16度の予想。

甲子園の選抜高校野球もはじまりました。

春ですね。。。

今日は万博公園にあるヨットを紹介します。

f:id:shoneny5:20170319095947j:image

信天翁二世号。。。ちなみに「信天翁」とはアホウドリのこと。

f:id:shoneny5:20170319100540j:image

 木の骨組みにベニア板を張り付けて、青木洋(あおき よう)さんが

1年10ヶ月をかけて自宅の庭で製作した全長6.4mの手作りヨットです。

1971年6月、当時22歳の青木洋(あおき よう)さんは、

この船で大阪石津港から世界一周を目指して出港。

いろいろな危機に遭遇しながらも、3年1ヶ月後の1974年7月に無事帰港し、

わが国で初めて世界一周に成功する。

その時のヨットがこの「信天翁(あほうどり2世号)」である。

ヨットマンのみならず、多くの人達に見てもらいたいとの主旨で、

1975年7月に日本万国博覧会記念協会に寄贈されたものだそうです。

 青木 洋(あおき よう、1949年 - )は、

日本人として初めて自作したヨット信天翁二世号で、単独世界一周に成功した大阪府出身の人物。

最小艇としてギネスブックに登録されています。

現在は大阪府田尻町りんくうタウンにおいて、

マリーナと青木ヨットスクールを運営されてます。

f:id:shoneny5:20170319102003j:image

 全長6.4m・幅2.0mの小さなヨットで。。。すごいですね。

【青木ヨットスクールblog】にも信天翁二世号のメンテナンス事など載ってます。

 


オランダ・アムステルダムに本拠を置く、TomTom(トムトム)の心拍計内蔵GPSスポーツ/フィットネスウォッチが日本上陸。